無料相談のコツ

法律事務所では無料相談を受け付けているところも多く、弁護士への法律相談は、実はそんなにハードルは高くありません。では、実際に依頼する場合どのようなことに気を付ければよいのでしょうか。まず必要なのは、トラブルを予防するためにできるだけ早い時期に相談するということです。トラブルが起こってからの相談になると費用が掛かる可能性も高くなります。できれば揉める前に法律事務所に相談する事が大切です。費用が気になる場合でも、無料相談を行っているところなら安心です。まずは、電話で尋ねてみましょう。

無料相談サービスを利用する法律事務所を探すとき、1番安心なのは法律事務所を知っている人に紹介してもらう方法です。しかし、身近に法律事務所を利用したことがある方はそう多くはいないでしょうから、難しいかもしれません。各地の弁護士会や自治体でも法律相談はしていますし、インターネットなどで評判を調べて探すのもひとつの方法です。信頼できそうなところを選んで相談してみましょう。

また、相談すると決めた限りは弁護士を信頼して、隠さず正直に相談するようにしましょう。自分の都合が悪い部分を隠して話したりすれば、正しい回答が得られないこともあります。無料の相談であっても、弁護士には守秘義務がありますので、第3者に秘密を漏らすことはありません。安心して正直に話すことが大切です。自分一人で悩んでいてもトラブルは回避できません。気軽にプロの力を借りることができる無料相談を有効に活用しましょう。

≪関連情報≫弁護士法人アディーレ法律事務所

法律相談所の相談手順

最近では法律事務所も無料相談を行うところが増えてきました。ものを購入する場合の見積もりと考えれば、一般的なことだと言えるかもしれません。今、法律事務所への相談で多い案件が過払い金請求に対するものです。金融業者はグレーゾーン金利の撤廃により、取り過ぎていた金利を返還しなければいけなくなりました。しかし、債務者はいざ返還請求しようにも、自分がその対象であるかどうかはなかなかわかりません。そうした場合、法律事務所への無料相談が役に立つのです。法律事務所も、それを見越して無料相談を行っているところも多くあります。では、過払い請求の場合の相談から返還までの流れをご紹介します。

まずは信頼できそうな法律事務所を探し、問い合わせをしてみましょう。無料相談を行っていないところもありますので、事前確認が必要です。予約が出来たら、取引履歴の開示請求に移ります。貸金業者に対して取引履歴の開示請求をし、資料をそろえる作業です。取引履歴をもとに、引き直し計算、つまり、過払い金の金額を計算します。

それができたら、いよいよ金融業者へ過払い金の返還を請求します。そこからは、金融業者の担当者と金額を含めた電話での交渉をし、和解がまとまれば過払い金が返還されます。2~4ヶ月ほどかかるのが一般的です。無事過払い金が手元へ返ってきたら、法律事務所へ支払いとなります。通常、着手金が1社2万円程度で、これに報酬金(回収額の2割程度)、申し立て費用を加えた額が必要です。

法律事務所に相談を依頼すれば当然費用は掛かります。ただ、依頼を決めるまでには無料相談を受けてくれるところもあります。トラブルが大きくなる前に、相談するのもひとつの手段です。ぜひ、頭に入れておいてください。